「生搾りどくだみ青汁酒」、咳など喉に速効性があるようです

1

注文していた『生搾りドクダミ青汁酒』が届いた。

お猪口がついている。待ちきれない!お猪口に30ccほど入れて飲んでみた。んっ、初めての味だ、当たり前ですね。どくだみ青汁酒ですから。たった30CCなのに体が熱くなってきた、気のせいではないようです。

生搾りどくだみ青汁酒 十黒梅(じゅっこくばい)

ドクダミ茶を継続して飲んでいたことがある。「あの頃は体調が良く、元気だったな、ドクダミ茶が効いていたのかな?」と思い、ドクダミの効用を調べてみた。

一番の効用は、老廃物や毒素を体外に排出する「デットクス効果」である。そのた「血行改善、動脈硬化、高血圧の予防」、「糖尿病予防」、「冷え性予防」、「アトピー性皮膚炎、花粉症」、「ニキビや吹き出物」、「疲労回復」など多くの効用がある。

私が気になっているのは「体のだるさ」と「足の冷え」です。いままで冷え症と思ったことはありませんでした。夏の暑さと、冷房された室内の温度差に、だんだん体がついていけなくて、血行が悪くなっているのでしょうか。冷えは体内酵素の働きが悪くなって、他の病気の要因にもなる。いまのうちにリセットしておかないと。

ドクダミの青汁を発酵させて作ったお酒を見つけた。乾燥したドクダミ茶にはない成分が含まれていて、なにより濃厚でしょう。寝る前に30CC〜50CCをお猪口で一杯飲むだけで、わずらわしさがありません。

そしてすぐに1本注文した。

1

生搾りどくだみ青汁酒『十黒酒』

薬草の研究、ドクダミの研究で有名な村上光太郎教授の専門知識が織り込まれている。

咳など喉に速効性がある! 人気の商品だった。

実際『十黒酒』を飲んだ「お客さんの声」で、多かったのが「咳、口内炎」が直ったという感謝の声です。喉にはかなり速効性があるようです。

高品質、濃厚

原料は「生の青汁(高知産)」「黒糖(沖縄産)」「梅肉エキス(紀州和歌山産)」で、高品質です。

高知産の生搾りの青汁をそのまま発酵させているので濃厚です。水やアルコール液を一切使っていない。

沖縄産の黒糖はアルコール発酵に必要な糖分として使用されている。天然ミネラル豊富です。

和歌山産の梅エキスは味を調整するためでしょうが、健康食品です。

味は?

最初に口にしたときは、えっ、初めての味です。それはそうですね。生青汁、黒糖、梅肉エキスのお酒ですから、でも、すぐ慣れました。

アルコール度数8度のお酒です。運転、子供はだめですよ。

まだ、飲んで3日ですから調子の良いことは言えませんが、なんとなく調子が良い。楽しみです。

お試し品がおすすめです。

お試し品は、小瓶、黒梅300mlで2,980円です。

消費税、送料、代引き手数料込みで、返金保証です。

詳細、購入はこちらから。

生搾りどくだみ青汁酒 十黒梅(じゅっこくばい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする