出口汪の『あなたも突然、上手に書けるようになる』

『あなたも突然、上手に書けるようになる』:出口汪

私の文章力は、日本人だから日本語を書ける、そんなレベルの延長です。文章達人の「文章の書き方」本を、あれこれと読みました。読んだその時は、「なるほど」と分かったような気がしますが、すぐ忘れてしまいます。この本を読んで、私の日本語の基礎知識、つまり日本語の規則、論理(ロジック)、が曖昧だったことに、いまさら気づいています。日本語の規則、論理が曖昧で、いくら達人達の文章法を読んでも身につかないわけです。

この本は、現代文のカリスマが、社会人向けに書いた本で、副題は「大人の論理エンジンで本物の文章力が身につく」です。

論理エンジン」は日本語の規則を学び、次にその規則を意識して文章を読み、書くことで、その人の頭脳を論理的ものへと変革していこうというプログラムです。

正確な文章、誰に見せても恥ずかしくない文章を書くことは、決して難しいことではないのです。最小限の言葉の規則を使いこなすだけで十分です。
ところが、大抵の人はその言葉の規則さえ知らずに、生涯間違った文章を書き続けて、そのために人生において膨大な損失を被っているのです。
こんなもったいないことはありません。
そこで本書は、正確な文章を書くための、もっとも効率のいい具体的な方法そ提案します。

七日間のプログラムになっています。説明が明快で、読みやすく、それに面白かったので、私は一日で読んでしまいました。これから七回再読しましょう。

本の目次

第一日目

たった一週間で、一生、使える武器が手に入る。

第二日目

社会人生活が長いほど、誰もがはまる落とし穴がある。

第三日目

あの「現代文カリスマ」が直接「論理エンジン」を伝授!! 文章上達への道・初級編Ⅰ まず背骨を真っ直ぐにせよ

第四日目
あの「現代文カリスマ」が直接「論理エンジン」を伝授!! 文章上達への道・初級編Ⅱ 文章の鍵は接続語にある。
第五日目

あの「現代文カリスマ」が直接「論理エンジン」を伝授!! 文章上達への道・中級編 論理で企画書を書く

第六日目

文章上達への道・上級編 推敲能力が上達の決め手だ

第七日目

突然、周りから上手だと褒められるようなる最高重要キーワード「要約力」

佐藤優が自著『読書の技法』の「知識の欠損部分をどう見つけ、補うか」で、出口汪の大学受験参考書『New 現代文講義の実況中継』(全三巻)は別格で、仕事で使う文書の読解力が飛躍的に向上すると、絶賛推奨している。受験参考書コーナーにあったような気がする。本屋に行ったら、開いて見よう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする