あなたのコンデジ写真が蘇るミニ三脚

コンパクトで堅牢な『Manfrotto』のミニ三脚

デジカメ、ビデオ撮影に1台あると便利なミニ三脚です。最近のデジカメは実用レベルでISO感度を1600, 3200,6400と高く設定できるようになり、夜でも手持ち撮影ができます。
それでも、ISO1600を超えるとノイズが目立ち始めます。それにカメラの解像度が高くても、ぶれてはしょうがありません。

DSC_9595-2        DSC_9613-2
■三脚を使って、ISO感度を400以下、絞りを5.0以上に設定すると、イメージ通りのクリアな夜景が撮れます。
■ビデオ撮影では、揺れない動画が撮影できます。
■タイマーで自分撮りもできます。
ミニ三脚の欠点は、置く場所が限定されることです。これは、周りを見渡して工夫するしかないですね。

Manfrottoのミニ三脚は、

■コンパクト堅牢で安定して固定ができます。
■デザインも気に入ってます。

DSC00621-2

■赤いボタンを押すと、カメラの角度を前後左右に変えられます。

DSC_9606-2

■小物を撮るときLEDライト用の三脚で使用しています。

DSC_9622

Manfrottoミニ三脚を使用して撮影した写真例

河口岸壁のコンクリート上に置いて撮りました。ディズニーホテルと中秋の名月です。

DSC00430-2

Sony RX-100M3 三脚 ISO400 F5, 1.3″

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする