ヒーリングできた方が良い『クォンタム・タッチ』

ヒーリングの本を『クォンタム・タッチ』を紹介します。

医学が進化しても万能ではなく、ヒーリングも万能ではない。しかし、時に驚くような効果を発揮する。

『クォンタム・タッチ』:リチャード・ゴートン著、槇原由美訳

img_5543

友達からこの本を紹介され驚きました。内容がとてもフェアで、私が長期間の気功の稽古で体で覚えたこと、つまり極意のようなことを、わかりやすく、論理的に説明している。

生まれながら誰にでもヒーリングの能力は備わっている。この本に沿って練習すれば、ヒーリング能力を自覚し、そして何倍も強くなれるはずです。

この本に最初の章に「エネルギーは思考に沿って流れる」と書かれてます。

気功、ヨガなどは、呼吸をハンドルにして、意識してエネルギーを体の下部から上部に,そして丹田まで巡らします。これは「エネルギーを思考に沿って流す」訓練に他なりません。

だから難しいことを考えず、「エネルギーを思考に沿って流す」、まずはヒーリングを行う手に流す訓練をすれば良いわけです。ヒーリングの手をつくるということです。

基本は呼吸で、そして瞑想です。順番に読んで訓練すれば、初心者でも必ずヒーリングが出来るようになる方法で説明している。

最初の章と、初級編だけを何度も繰り返して読んで、訓練することをおすすめします。速い人だと、読んで、呼吸の練習を始めると、もう指、掌にピリピリとエネルギーを感じるはずです。

d89b

1d8a1

私がヒーリングに興味を持った訳

数年前、高塚光の「Work Shop」に参加したことがある。ヒーラーになろうと思ったわけではない。

私は機械エンジニアです。20数年前にある困難に会って、気功を習い始めました。渋谷にある「西野流呼吸法」という気功塾です。すっかりはまってしまい20年間、毎土曜日塾に通いました。人が潜在的に持つエネルギーを知ったからです。

手は敏感になります。植物の葉から出るエネルギーのようなものを感じます。公園を歩くと手がピリピリします。

高塚光の「Work Shop」に参加したのは、気とヒーリングには違いはないと思い、ヒーリングを体験したかったからです。

私は積極的に他人にヒーリングはしませんが、会社で同僚だった女性が、背中が重く苦しいと言って、真っ青な顔をしていた。それで背中に指をあて数分ヒーリング(私の場合は気をおくる)した。スーッと治ったようで、「何をしたんですか?」と言われたことがある。私も信じられませんでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする