手に職をつけたい!「日本語教育能力検定」

もし私が外国人の留学生から日本語を教えて下さい、と頼まれたら戸惑ってしまいます。日本人なのに、日本語を体系的に教えることには全く自信がありません。まだ中学生に英語を教える方が楽なような気がします。

留学生など、日本に長期滞在する外国人は年々増えています。「日本語教育能力」は必要とされている能力なんですね。

「日本語教育能力検定試験」には年齢や学歴の制限はありません。誰でも受験することが出来ます。

働きながらも”資格を持ちたい”と思っている方、子育てが一段落して”まだ働きたい、手に職をつけたい”と思っている主婦の方に最適な資格ではないでしょうか。

合格率50%、合格保証のアルクの「日本語教育試験合格パック2017』

自宅でできる通信講座

仕事を終えた夜、家事の隙間時間で学習できる

「NAFL日本語教師養成プログラム」受講生の合格率は50%

日本語教育能力検定試験の合格率は23%

受講料が139,800円(税込み)とダントツに安い

さらに早割で申し込むと最大10offになる

例えば2016.12.19までに申し込むと10%安い、125,800円です。

驚きの合格保証、受講料一律10万円返却

所定の条件を満たして不合格の場合は10万円の返金保証がある

教材に自信があるからできる合格保証です。

教材、サポートは充実しています。是非詳細をごらんください。期間限定発売!「日本語教育能力検定試験 合格パック 2017」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする