妻に初めてプレゼントした化粧品『サクラン』が好評

天然保水成分サクラン配合のオールインワンジェル

一ヶ月ほど前に妻に初めてプレゼントした化粧品『サクラン』が好評で嬉しい。

敏感肌の妻は、新しい化粧品を使うのを嫌がっていたが、いつのまにか朝、晩の洗顔後に『サクラン』を使っている。オールインワンの『サクラン』だけを使っている。

“真”天然保水成分サクラン配合のオールインワンジェル

訪ねてきた妹から、何かファンデーションつけてるのと言われたらしく、気を良くしている。私も頬に触ってみたらしっとりしている。

もうなくなりそうで大事そうに使っているので、どうする?と聞いたら、もう一ヶ月使ってみたいというので、また注文した。歳とともに、肌の再生サイクルが長くなるので、私は三ヶ月は使ってみた方が良いと思っている。

私は、何とも複雑な女性の化粧品には興味がなかったが、資生堂ライフサイエンスセンター主幹研究員で、物理化学者の傳田光洋『皮膚は考える』を読んで、皮膚の役割、知られざる能力を知って、妻の化粧品に興味を持った。

妻は敏感肌

その著書の環境(湿度)と角層のバリア機能の関係を読んで、敏感肌の妻には肌を保湿するシンプルな化粧品が良いのはないか?

表皮の角質細胞が20〜30%の水分を保持していることが肌に一番大事なようです。

肌の保湿にはどんな化粧品が良いのか、理屈は簡単です。「水分を多く含むことができて」、「蒸発しにくい」ことでしょう。

そして、『サクラン配合』を選びました。

サクランは天然保水物質

サクランはスイゼンジノリ(水前寺海苔)から分泌される天然保水物質で、スイゼンジノリ自身を過酷な環境、乾燥から守るために水分を保持している。

保水力

水分は蒸発します。同じ環境であれば保水力が多い方が長時間持つことになります。
サクランはヒアルロン酸の10倍の保水力があります。

保湿力

保水力があっても、水分を長く保持できなかったら短時間で蒸発してしまいます。
サクランは保湿力はヒアルロン酸の3倍です。
サクランは巨大分子で網目状の皮膜を形成し、水を抱えこむからのようです。

キメ改善

角質細胞内の水分を維持して肌に良い環境をつくれば、キメが改善して美肌になるはずです。

敏感肌には、肌に浸透しないことでしょう

サクランは巨大高分子です。肌には浸透しません。薄い薄いベールで皮膚を覆っています。

詳細はこちらをご覧ください。“真”天然保水成分サクラン配合のオールインワンジェル


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする