まずはTOEIC 600点

英語ができると評価されるレベル TOEIC600点

20年以上外資に勤めてました。外資だからと言ってTOEIC800点、900点レベルの英語力のある人を採用するわけではありません。あくまでもその人の総合専門能力です。

TOEIC600点レベルであれば、英語力については合格でした。

なぜならTOEIC600点のレベルは、「中学生レベルの文法基礎力+α」の実力があるからです。

仕事で使う専門用語を覚えれば、仕事で使えるレベルです。

専門職であればあるほど、語学力は武器になります。

それに600点は英語力の大事な通過点で、800点、900点に到達できる可能性があります。

語学は独りで勉強できます。レベルが上がると楽しくなります。

まずはTOEIC600点レベルを目指しましょう。

お勧めの教材は、『1000時間ヒアリングマラソン』など語学教材ではダントツの実績と評価が高いアルクの通信講座です。新講座対応TOEIC(R)テスト対策講座好評発売中!

アルクの『TOEIC LISTENING AND READING TEST 新形式対応講座』

11月からTOEICの新形式対応講座を開講しています。

コストパフォーマンス、サポート、学習時間の自由度、学習の手軽さなど、総合的にいいとこどりの教材です。

それに、来年の1月25日まで申し込めば、全額返金のスコア保証してくれます。(返金の条件はあります)

プログラムの詳細はこちらで….新講座対応TOEIC(R)テスト対策講座好評発売中!



「700点コース」「800点コース」もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする