ガラスペンを使ってみませんか

ガラスペン

ガラスの街、小樽に行ったときに買ったガラスペンです。小樽製ではなくてイタリアのルビナート社のガラスペンだと思います。値段は4千円くらいでした。ガラスペンは高価なものではありません。

ガラスペンは工芸品です。透明はガラスは清々しく、見た目が美しい。

ガラスのペン先をインクにディップして書き始めると、シャーシャーとガラスのペン先と紙が擦れる音がする。書いているという実感がある。それでいて思っていたほど引っかかり感はない。

ペン先は簡単に水で洗い流せて、ペン先を割らないように気をつければ長く使えます。

その日の気分、用途によってインクの色を使い分ける楽しみがある

写真のインクはパイロットのShin-ryoku(深緑)です。

Amazon➡️パイロット 万年筆用インキ iroshizuku/色彩雫 50ml シンリョク INK-50-SHR
楽天➡️パイロット 万年筆用インキ iroshizuku 色彩雫 シンリョク 深緑

ギフトにもいいでしょう。贈られた方はきっと驚き、喜ぶと思います。

ルビナート社製

日本製


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする