3〜4ヶ月の集中学習で『日本語教育能力検定試験』対策ができる

短期学習で『日本語教育能力検定試験』対策

時代が要求している「日本語教師」になりたい。一番の近道は「日本語教育能力検定試験」に合格することです。

「日本語教育能力検定試験」は合格率が約20%の難関試験ですが、『NAFL日本語教師養成プログラム』で集中して学習すれば、3〜4ヶ月で試験対策ができます。

『NAFL日本語養成プログラム』は、開講から30年の歴史があり、累計受講者数8万人、検定合格率は57.4%で平均合格率の2.5倍の、断トツの実績があります。

法務省が、2017年8月1日から施行する「日本語教育機関の公示基準」では、以下のいずれかを満たすことが条件なようです。

1.「日本語教育能力検定試験」に合格する
2.大学、大学院で日本語教育について学ぶ
3.文化庁が認定した養成講座などで420時間以上の教育を受ける

学習費用が安く、短期で「日本語教師」の条件を満たせるのは「日本語教育能力検定試験」に合格することです。検定
試験の合格者は4年制大学の卒業の有無は問われません。

無料の資料請求してみてください、特典があります。

7月18日まで資料請求すると下記の特典があります。

特典1:30,000円または3,000円の割引クーポン

30,000円割引クーポン(抽選で10名)
3,000円の割引クーポン(30,000円の当選者以外全員)
本講座を購入するときにクーポン使用で割引されます。

特典2 日本語教育検定能力必勝虎の巻」PDFデータ(資料請求者全員)

詳細、無料の資料請求はこちらから….<検定合格率50%>「NAFL日本語教師養成プログラム」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする