Mac miniに外付けSSD

Mac mini(2012)が壊れて、Mac mini(2014)に外付けSSD

Mac Miniの電源が入らない。少し前から突然電源切れるなどの兆候があった。壊れたようです。2012年モデルなので、そろそろ買い替えと思い、New Modelの発売を待っていた。

だから悔しい。今年、Mac MiniだけがNew Modelがまだ発表されていない。

しょうがないので、現行もモデルを買うことにした。現在ハイエンドのモデルは2.8GHz-1TB Fusion Driveで98,800円、このタイミングで買うには高すぎる。2.6GHz-1TB、68,800円のモデルにした。

Mac miniに外付けSSD

しかしハードデスクでは遅い

壊れた2012年Mac miniもSSDに換装していた。それに持っているMacBookPro、MacBook AirもSSDで、いまさらハードディスクには戻れなない。

本体のSSDに保存されているのはアプリケーションだけで、写真は全て外付けの2台のハードデスクに、書類などは全てクラウドに保存しているので、本体のSSDは250Gで十分です。

外付けSSDにしよう

新品のMac miniをSSDに換装できるほど器用ではない。外付けのSSDにしよう。

SSD

SSDは壊れたMac miniに使用していたSSDを再使用しましょう。SSDは壊れていなかった。

Samsung SSD 250GB 850 EVO ベーシックキット V-NAND搭載 2.5インチ 内蔵型 MZ-75E250B/IT

外付けケース

外付けケースをアマゾンから購入した。ケースにSSDを差し込むでけです。外付けケースを使うのは初めてで、こんなに簡単だとは思わなかった。

Inateck 2.5インチ HDDケース USB 3.0接続 9.5mm 7mm 2.5″ SATA HDD SSDに対応、着脱は工具不要 FE2010

最初にハードデスク本体に普通通りAppをインストール

何かあった時に、ハードデスクを起動デスクにして使えるように、まず本体のハードデスクにアプリを全てインストールした。

外付けSSDをUSB3.0で接続して、フォーマット、OSをインストール

外付けSSDをフォーマットして、OSをインストール

外付けSSDに移行

ユティリーティの「移行アシスタント」でハードデスクからSSDにアプリケーションなどをそっくり移行した。

SSDを起動デスクにする

速さに満足、外付けの方が何かあった時対処しやすい。

次は4Kモニターを検討している

30インチのシネマディスプレーはまだまだ使えるが、セカンドモニターとして4Kを使って見たい。Mac miniは4K-30Hzだが、静止画編集では使える。30インチ2台は机の上に置けそうもない。それでモニターのサイズを思案している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする