写真に雨を降らせる『Rainy Daze』

Mac App:『Rainy Daze』

雨の日はカメラを持って出ない、当然雨の写真は少ない。『Rainy Daze』は写真に雨を降らせることができます。写真をドラグ・ドロップして、雨の降りかたをプリセットを選ぶだけなんですが、詳細に雨の降りかたを調整できる凝ったAppです。

何に使うの?と尋ねらると困ってしまいますが、背景素材に使うなどアイデア次第ですね。

Rainy Daze – JixiPix Software
960円(2018年5月16日現在)

使用例と特長

オリジナル写真

●写真をドラグ・ドロップしてPresetをクリックして好みの雨を選びます。Presetは約60くらいあります。
●手動で詳細な調整ができます。”雨の強さ”、”雨の長さ”、”雨の方向”、”雨の太さ”、雨のフェード”、”曇りぐあい”、また全体の”トーン”、”コントラスト”、”暗さ”などを写真を見ながら調整できます。
●雨を降らせたないところをブラシでクリアできます。
●写真のクロップができます。
●扱えるファイルは、HIEF、JPRG, JPEG-2000, OpenEXR、PDF, PNG, TIFF

Before/After

バラ園

浅草夕暮れ

葛西臨海公園

北鎌倉東慶寺

Rainy Daze – JixiPix Software
960円(2018年5月16日現在)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする