いじめについて

DaiGoの「逆転の発想術」にヒント

images

ぼくは8年間いじめられた。

メンタリストDaiGoをご存じでしょう。彼の著書、不安を自信に変える「逆転の発想術」を本屋で立ち読みしました。プロローグにこんなことが書いてました。引用要約です。

僕は8年間、いじめられていた

すべての始まりは自分を逆転させることだった

僕は小学校から中学校2年までいじめられっこでした。殴られれたり、蹴られたり。いじめられ過ぎて反応がないといじめっ子は面白くない、だからいじめがどんどんエスカレートしました。
中学2年のある日、いじめのグループリーダー的存在が僕に肩をぶつけてきました。よろめいたとき、工作の授業で使うナタが机の上から落ちました。とっさにそれを手にとっていじめの集団めがけて投げつけました。ナタは運良くいじめっ子には当たらず、壁にバーンと突き刺さっていました。
それをきっかけにいじめがなくなりました。自分が動けば、周りの世界はこんなに簡単に変わる、力関係は変わるんだと気付きました。その経験が「自分を変える方法」「誰とも違う自分」を作ることができました。

私にも似たような経験があります

会社に入社して数年の頃です。自分が書いた図面の間違いに気づき、慌てて工場に行って修正のお願いをしました。そんなとき、いつも私の説明も聞こうとしないで、頭ごなしに「そんなの直せるか!」と言って取り合わない班長がいました。私が若かったからでしょう。ある日、ついに切れてしまいました。男の職場ですから殴り合いに近い状態です。でもDaigoと同じように、その日をさかいに現場との関係が良好になりました。その班長とはシコリもなく、逆にそれからいろいろ教えてもらいました。

ナタを投げたり、殴り合いをしろとは言いませんが、ときに、いじめの相手には視線をはずさず、闘争心で立ち向かうことも必要ではないでしょうか。その前にいじめてはいけません。

「逆転の発想術」を素直に読めば、人間関係、仕事、家庭、お金、ストレス解消など、自分の行動を見直せるヒントがあります。立ち読みでは悪いので買ってきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする