文章を書く専用ツールが欲しかった『Pomera DM200』

Pomera(ポメラ)DM200

若い頃に使っていたような、テキストを打ち込むだけのワープロが欲しかった。

仕事で使うというより、文章を書くことが好きなひとが、場所を選ばず、気軽に開いてテキストを打ち込むツールです。

『Pomera DM200』このサイズなら常時持ち歩けます。使えるツールです。とても気に入ってます。

主な仕様を紹介します。

進化したワープロ

文章作成に特化したツール

文章作成のためのツールで、ブラウザーも、e-mail機能もない。だから良い。文章作成のみに集中できる。

軽い、小さい

重さが580g, サイズは263mmx120mmx18mm, 携帯に苦にだら
文庫本、MacbookAir 11インチとの比較です。

開いたら起動

最近のノートPCが速くなったといっても、起動からテキスト打ち始めるには時間がかかります。PomeraDM200は開いたら打ち込めます。

ATOK for Pomera

DM100は使っていなかったので比較はできないが、変換は改良されたようです。 PCと比べて変換が劣っている感じはありません。

キーボード

サイズが小さいがにキーボードピッチには余裕があり、それにキーがグラグラしません。快適に打てます。

テキストのOutput

Pomeraは、あくまでも文章を書くツールで、編集はPCで行います。テキストのOutputにはいくつかの方法があります。DM200から無線LANがついています。
1. Wi-fiで「Pomera Sync」で、登録したgmailのアカウントで、Mac、iPhoneのメモと同期させる。
2. 「アップロード」でEverNoteなどのクライアントサービスにアップロードする。
3. PCとUSB接続して、SDカード保存されたテキストをPCに読み込む。
4. テキストファイルをQRコードに変換して、携帯のQRコードリーダーなどでテキスト化する。iPhone専用App「Pomera QRcode Reader」(無料)でテキスト化する。

わたしはiPhone専用AppでQRコードをテキストに変換しています。すぐに変換されiPhoneのメモに取り込まれます。

リチウムイオンバッテリー

カタログ仕様では約18時間となっています。いつも持っているモバイルバッテリーでも充電できるのは便利です。

4種類の電子辞書内臓

「角川類語新辞典」、「明鏡国語辞典」、「ジーニアス英和辞典」、「ジーニアス和英辞典」

その他の機能については、使いながら気がついたところがあったら更新したいと思います。

英文のスペルチェック機能がないのが残念ですが、編集はPCのエディターで行うので、そのとき自動的にスペルチェックされるからいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする