映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』と脚本

舞浜イクスピアリの映画館の前、何を観ようか迷っている。ハリーポッターの新シリーズを『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』を観よう。

1926年のニューヨーク、古びた青いコートを着た風雨に鍛えられた風貌の青年が客船から降りた。彼は動物学者で、世界を周り、変わった希少でな魔法動物を調査、保護している。その調査旅行も終わりに近づき、ニューヨークに短期滞在のつもりで立ち寄った。青年は古びた茶色の革の鞄を持っている。物語はこの古びた鞄から始まる…

映画の脚本を読み終えたら、もう一度映画を観よう

『FANTASTICS BEASTS and WHERE to FIND THEM』 by J.K. Rowling

映画館を出て寄った地下の丸善で、この映画の脚本を見つけた。ハリポッターのような原作小説はない。J.K.Rowlingの脚本がストレートに映像化されている。イメージが残っているうちに、喫茶店に寄って脚本を読み始めた。

読み終えたら、もう一度映画を観よう。もっと英語が聞こえるはずだ、二度、三度見ても飽きないでしょう。何しろ魔法動物たちが奇妙で、リアルで、そして可愛い。

Amazon⇨Fantastic Beasts and Where to Find Them: The Original Screenplay

まずはTOEIC 600点、600点とれれば800点、900点が見える。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする