切り絵の本でスケッチ練習

『はじめてのカラフル切り絵』:やまはひmaki 著

Photoshop, Procreateのペイント練習するために下書き用の塗り絵の本を探していた。となりに並んでいた切り絵の本を開いたら切り絵がとても綺麗です。それに切り絵なので黒の外枠が一筆書きのようにシンプルなので手書きスケッチの練習にもなりそうです。

初心者用の切り絵の本です

切り絵に必要な道具、紙の選び方、切り方の説明、100点の作品、切り絵の応用、そして型紙も掲載されています。

作品の切り絵をスケッチ

私はとても不器用なので切り絵は無理ですね。掲載の作品、型紙をスキャンするのはあまりにも能がないので、スケッチの練習をします。

HとHBの鉛筆で薄くスケッチしました。

それからステッドラーの0.2mmの水性ペンで描いてからスキャナーします。スキャナーで取り込んでおけばPhotoshopなどで様々な加工、編集ができます。

せっかくなので色鉛筆で塗りましょう。

  

Photoshop取り込み

色鉛筆塗った絵もPhotoshopに取り込み、背景の白を透明に置き換えます。

デジタル化したのでイラストとして使えます。

切り絵風のデザインは他にも使えそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする