大人のひとり遊びギア:Sony RX1、クローズアップレンズ、ハンディー顕微鏡、ジンバル

長い自粛生活です。しかし私は退屈することはありません。いつも次の独り遊びを考えています。今日は歩いて数分の公園のテーブルベンチを屋外書斎にして遊んでいます。


持ち物は:
「椎名誠の『十五少年漂流記への旅』」、「スケッチブック、ステドラーの芯ホルダーと消しゴム」、「Sony RX1」、「ケンコーのクローズアップフィルター」、「ドイツ製拡大鏡」、「ハンディーな顕微鏡」そして「iPhone用ジンバル」

椎名誠の『十五少年漂流記への旅』

私は臆病なので椎名誠や沢木耕太郎のようなアドベンチャーな旅はできません。彼らの本を読んで一緒に旅したつもりになりましょう。「精細世界地図」を見ながら読んだらもっと楽しく読めそうですね。今度本屋で探してみよう。

Sony RX1

フルサイズのコンデジです。中央重点、またはマニュアルフォーカスでフィルムカメラのように使えるところが好きですね。

Kenko MCクローズアップレンズNo.10


フィルター径は49mmでRX1でもっと寄りたいときに使っています。もちろんフィルター径が合えばどんなレンズにも使えます。

レイメイ藤井顕微鏡 ハンディズーム

夏休み孫と自由研究をするのを楽しみしていました。この顕微鏡を買ったり、Pythonを勉強したりと準備していました。しかし今年もコロナの感染拡大で東京に来ることができませんでした。

60gのおもちゃのような顕微鏡ですが優秀です。倍率60-120倍でLEDライト、UVライトが付いています。オリンパスのToughで写真が撮れました。Toughは顕微鏡モードではなくオートフォーカスモードです。レンズが繰り出して来ないので接眼部に載せるだけです。

iPhone用ジンバル、Hohem iSteady X2

Macmini M1 16G/1TBを使い始めました。動画の編集もストレスなくできそうです。動画を撮ってみようと思いジンバルを買いました。まずはiPhoneで始めましょう。揺れない!実感しました。
これで片手でモアナ(犬)のリードを持ちながら動画を撮りながら散歩できます。

記事で紹介した商品

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする