文章術の本:鷲田小彌太の『まず「書いてみる」生活』を読んで

文章術の本:鷲田小彌太の『まず「書いてみる」生活』を読んで

「読む」だけではもったいない

Unknown-8

『まず「書いてみる」生活』は文章術のハウツー本です。でも他の文章術とは違います。日記、エッセイ、ビジネス文章とかでなく、自分の著書として活字で残せる長編を書くことの勧め、そのための書く作法、コツ、ヒントが述べらています。

著者の鷲田小彌太は大阪大学文学部(哲学科)を卒業、三重短大教授、札幌大学教授を歴任して、哲学、思想史、評論などジャンルを問わずに執筆し、200冊を越える著作があります。

目次、キーワードを補足する説明、引用が学識ある内容で、読むだけで勉強になる内容の濃い文庫本です。「書くこと」を、特に定年期のひとに勧めています。でも、若い方にも勧めたい一冊です。

序章にこのようなことが述べらています。
「読むだけ」ではもったいない。それに、「読書が趣味です。」と言うのは、ちょっと恥ずかしい時代になっています。昔は、「書く人(作家など)」は特殊な人でした。いまは「読む人」と「書く人」の分離帯がなくなりつつあります。きっかけは村上春樹と俵万智の登場にあるでしょう。

私だって書けそう!村上春樹と俵万智

小見出しの“私だって書けそう!村上春樹と俵万智”にこんなことが書かれてました。一部引用します。

純文学のほうでも、書く人と読む人の間に、明確な境界線はない、ということを実感させるような作家が現れます。村上春樹で、昭和五四(1979)年、『風の歌を聴け』をひっさげて登場します。
村上春樹は、日本の文壇あるいは文学史とは何の関係も持たずに生まれた作家です。デビュー以降も、同じスタイルを維持しています。
村上の文章は、団塊の世代以降に大きな影響を与えました。誰でも書ける(と思える)、誰もが読める文章を書く、というスタイルが文学界だけでなく、ジャーナリズム、さらには、学術世界にも浸透していったからです。
誰にでも書ける文章ではなく、誰にでも書ける(と思わせる文章であるというところが味噌です。——
書く人読む人の分岐点を最終的に取り外したのが、俵万智です。昭和六二(1987)年、佐佐木幸綱の弟子で年功序列のきつい短歌界から、『サラダ記念日』という地味な歌集が発表されました。大学を卒業した翌々年のことです。初版数が二〇〇〇部に満たなかった、とよくいわれますが、歌集です。この部数は若い新人としては破格でしょう。とは言えこれがあっという間にミリオンセラーになったのです。仰天時でした。—–
—『サラダ記念日』に載っているふう風の歌なら、読めばすぐわかるし、誰にでも書けてしまうのです。しかし、俵万智が書いたから、はじめて、『誰でも書ける』とわかった、ということでしょう。

私も「趣味は読書で…. 」と恥ずかしいことを言っています。読書でインプットされた知識は少しは有効にアウトプットされているでしょうか。創造的なものごとを書くとなると何段もハードルが高くなってしまいます。まず「書いてみる」ことなのでしょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする